タクシードライバーが交通事故を起こしてしまうとどうなる?

タクシードライバーが交通事故を起こしてしまうとどうなる?

「車両を破損してしまったらどうしよう」「怪我で仕事ができなくなったら給料はどうなるの」と、疑問や不安を感じますよね。 この記事ではタクシー運転手の事故の補償や、事故件数、事故を防ぐための注意点などをお伝えします。 タクシー運転手 横浜無線グループではタクシードライバーを募集しております。 未経験歓迎!性別年齢、学歴だって不問です!幅広い年齢の方、女性も大活躍中です。二種免許取得費用は弊社全額負担!独自のAI需要予測システム【ベスト・ワン・ウェイ】搭載により、未経験でも即ベテランドライバー並みに稼ぐことができるんです。 嬉しい研修中も給与がもらえる安心のバックアップ体制!是非あなたも横浜無線でドライバーデビューをしてみませんか? 更に働く女性には嬉しい、従業員は無料で、しかも手ぶらで利用できちゃう保育園もあるんです♪まずは気軽にご参加いただける説明会も随時開催中です! 横浜無線グループが気になる方はこちらをチェックしてみてくださいね!

タクシーの事故件数

タクシーを運転していたら、必然的に運転時間も長くなるので、事故にあう確率も高くなるではないかと心配になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 国土交通省の調査によると、平成28年の交通事故件数は499,201件です。そのうちタクシーの事故件数は、13,526件です。 事故件数において比率としては、決して少ないとは言えませんが、タクシーの事故が多いわけではありません。この数字に安堵せず安全運転を心がけましょう。

もしも業務中に事故を起こしてしまった時の対処法

1.安否確認 事故相手の安否を最優先で確認します。重度な場合は救急車を呼びます。 2.元談(話し合い)を進める 相手に気がない場合は事故をどう処理するか話すのが一般的です。 事故の状況や話し合いで終わるケースもあります。しかし、人身事故や大規模事故で被害が出た場合は、警察への報告が義務化されています。 3.所属のタクシー会社に連絡 元談だけで済んだとしても、タクシー会社への報告は必ず行います。原則的に保険会社への加入が義務付けられています。事故対処を含めた指示やフォローする上でも必ず連絡しなければなりません。 4.修理 必要に応じて、自分の車や相手の車、その他破損物を実費もしくは保険を使って修理します。 タクシーの看板

事故が起こる原因と注意点

事故が起こる原因と注意点について説明していきます。

事故が起こる原因

タクシー運転中に事故が起きやすい理由は「死角」です。 特に、ピラーによって死角が生み出されているケースがあります。また、サイドミラーやフェンダーミラーの死角もより見落とししてしまいがちなので、十分に気をつけましょう。 ピラーとは:https://ja.wikipedia.org/wiki/ピラー

注意点

発信前や駐車の際にはミラーでチェックするだけでなく、必ず目視を忘れないようにしましょう。 右折をするときは、対向車に隠れて見えないバイクにも注意が必要です。「後続車がいるかもしれない」と考えて、安全運転を心がけましょう。

まとめ

補償の有無や内容についてはタクシー会社によって異なります。多くのタクシー会社では、補償や事故で怪我をした場合は休業補償を設けています。補償がない会社もあるので気おつけましょう。 横浜無線グループでは11時間勤務中1時間の休憩を設けて居るので長時間労働の心配もございません。 横浜無線の詳しい詳細は、下記ホームページをご覧ください。 横浜無線ホームページ:https://shouei-group.net/company/ 横浜無線グループは、小笠原流礼法に基づいた接客対応や障がい者への介助スキルの習得など、お客様の満足度向上のために接客対応の独自サービス化に努めております。 優先配車メンバーズ 24時間の予約サービス 上記のようなサービスも行なっておりますので、横浜でタクシーがご入用の際は、ぜひ横浜無線グループをご利用くださいませ!
お問い合わせはお気軽に、ホームページを見たとお伝えください!
【受付時間】月~金(8時~17時) 土曜日(8時~12時)
]]>

Related Posts